便秘

便秘24.jp~完全便秘情報サイトへようこそ

便秘は男性よりも女性の方が多いのが特徴です。それは、女性は出産に備えて骨盤が広くできていて、骨盤内に大腸が落ち込みやすくなっています。そのため腸が曲がって便の通りを悪くして、その結果便秘を招いてしまいがちです。 このように、便秘になりやすい体の構造のために、年齢を問わず女性は、2人に1人の割合で便秘の人がいると言われています。 また、便秘で苦しんでいる人もいれば、便秘が当たり前になってしまって、気にしない人もいます。しかし、たかが便秘と言っていられないのが便秘です。

極端な例では数年前に、都内の若い女性が便秘で死亡しています。解剖した結果、その女性の体からはコンクリートの固まりのような巨大な便が出てきたといいます。どうしてそんなになるまで病院に行かなかったのだろうと不思議です。それほどになるまでには、なんらかの体の不調がきっとあったはずだと思います。 便秘を繰り返していてもなれっこになって見過ごしていては、後で後悔することになるかもしれません。そんなことの無いように、便秘は早めの改善が必要です。 便秘の原因も、各種生活習慣病と同じく悪い生活習慣が原因となって便秘になることが多いようです。野菜の少ない偏った食習慣や、不規則な生活や、睡眠不足からも起こります。 そのような悪い生活習慣は、便秘ばかりでなく様々な病気を引き起こしかねません。また、頑固な便秘になったときには、長引かせないように便秘薬を利用して早めの改善も必要です。 ・・・続きを読む


便秘対策に即効性のあるキャンデト茶の詳細についてはこちらへ!

100万個以上売れてるカイテキオリゴ

目次】便秘24.jp

このページのトップへ戻る

ただし、下剤を繰り返して飲むことだけはお止め下さい。下剤は体にダメージを与えてしまう怖さがあります。腹痛を起こしたり、イライラが続いたり、体臭が強くなる他、自分の力で排便する力が弱くなり、また下剤飲むといった悪循環を繰り返す恐れもあります。くれぐれも薬は正しく使用してください。 また、便秘はなんらかの病気が原因で起きていることも多いです。便秘が数か月続いて病院を受診したら、過敏性腸症候群だったとか、血便が出たり残便感が続いていたので 受診したら腸がんだったケースもあります。 このように便秘が病気からきている場合もあれば、生活習慣の間違いから来ていることがあります。便秘は体からのサインと受け止めてください。便秘と軽く考えず、ましてや重い便秘で苦しんでいる人はなおのこと、改めてご自分の生活習慣を振り返ってみて、改善する余地があれば改善することをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第1章】便秘の予備知識

第1章第1節】便秘になるメカニズム

どうして便秘になってしまうのか、便秘が起きるメカニズムとは何なのか、それがわかることで便秘対策ができると思います。 現代の日本人の食生活が欧米化するとともに、便秘で悩む人が増えています。このことからも、便秘になる原因でも食べたものが一番大きく影響していると思われます。 人間の体は、食べたものが胃へ送られて消化されます。消化された食べ物がその後腸へ送られます。腸に送られた食べ物は、腸の蠕動運動の働きで肛門へと送り出されます。 しかし、腸の蠕動運動がスムーズにいかないと、便が大腸に送られずに溜まってしまい結果、便秘となってしまいます。 さらに悪いことには、溜まった便は水分がどんどん失われて硬い便となりさらに出にくくなってしまいます。こうして頑固な便秘へと進んでしまいます。 腸の蠕動運動がスムーズにいかなくなる原因として考えられえているのが、善玉菌が少ないことや、腹筋の力が弱かったりすることです。 蠕動運動を助ける腹筋の力を強くするには適度な運動に効果があります。そして、善玉菌ですが、日本人が古くから伝えられてきた食べ物には、植物性乳酸菌が多く含まれていました。味噌や醤油、漬物などの発酵食品に植物性乳酸菌が多く含まれていて、しかも、植物性乳酸菌は、体の中に入ると死滅してしまうと言われている動物性乳酸菌と違って、植物性乳酸菌は腸の中まで到達すると言われています。 腸へ達した乳酸菌が、悪玉菌と善玉菌をコントロールしてくれるのです。いかに日本食が日本人の体に合っているか、その良い例だといえます。従って、従来の日本食から欧米風の食事に変化してから、日本人の便秘が増えたのも頷けます。 そして、生活習慣病の予防の他、色々な場面で日常生活での適度な運動が奨励されていますが、運動の大切さもお分かりいただけると思います。食事に気を付けて、適度な運動を毎日の中に取り入れることをお勧めします。 この他にも便秘の原因には、ダイエットが原因だったり、何らかの病気が原因だったりするなど、便秘は様々な事が関係して起こります。

このページのトップへ戻る

第1章第2節】なぜ女性に便秘が多いのか?

男性よりも女性に便秘が多く、女性の二人に一人の割合で便秘に悩まされているともいわれています。もともと、女性と男性では体の構造が違ううえ、女性は出産という大役に備えて体のつくりも違っています。 とくに月経の前とか、妊娠の初期には便秘になりやすくなっています。これは、生理や妊娠時に多く分泌される黄体ホルモンが関与しています。黄体ホルモンが子宮の内側の壁を厚くして排便の邪魔をすることと、スムーズに排便できずに腸にとどまった便が水分が吸収されてさらに硬くなり排便を困難にするからです。そして、腸から肛門へは腸の蠕動運動で送り出されますが、男性より比較的筋肉の弱い女性は、この点でも女性の便秘を多くしています。また、筋力が弱い女性は踏ん張る力も弱くて、このことも女性の便秘を多くしています。 また、女性は男性に比べて食べる量が少ない人が多く、食事量の少なさから便秘になっている女性もいます。極端な例では、食事を過度に減らして無理なダイエットをして便秘になっている女性もいます。食事の量が少なすぎるのも注意してください。 また、腸の冷えが原因ということも指摘されています。それは、女性は子宮を守るために下腹部に脂肪がつきやすい体質になっていて、骨盤内の血液の循環が悪くなり、おなかが冷えやすく、その結果腸の働きがスムーズにいかなくなってしまうからです。 女性特有の体質的な要素が女性の便秘を増やしていますが、さらにいけないのは夏場のクーラーです。過度の冷やし過ぎは体に毒ですが、冷やし過ぎの害は女性の方が多く受けて、それも女性の便秘が多い原因のひとつになっています。

このページのトップへ戻る

第1章第3節】便秘の種類について

便秘の原因には様々な原因がありますが、便秘の種類には、腸そのもの障害がある器質性便秘と排便の過程がスムーズにいかないとか、自律神経に関係する機能性便秘のふたつに分けられています。 そのうちの器質性便秘には、生まれつきの巨大結腸症と結腸過長症があります。巨大結腸症とは、生まれつき排泄の機能に障害があり、腸の蠕動運動が起こりにくく腸内に便やガスを溜めてしまいます。溜まった結果、腸管が大きくなって結腸が巨大化してしまう疾患です。 もう一つの結腸過長症とは、生まれつき結腸が長すぎることが原因でおこる疾患です。S状結腸にこのケースが多いようです。 また、後天性の器質性便秘を起こさせているものには、 大腸癌、直腸癌、腸管癒着、腸閉塞などがあります。他には、子宮筋腫などのように腸の外からの圧迫が原因で起こることもあります。 自律神経が関係している機能性便秘は、急性便秘と慢性便秘とにわけられています。 急性のものには、食生活の変化によるものや、精神的なものが原因になって起こる便秘があります。 例えば、ダイエットで極端に食事の量を減らしたとか、水分の摂り方が足りないときにおこる他、女性が妊娠した時や、月経の前に起こる便秘がこれにあたります。 しかし、これらの一時的な便秘は、問題が解決することで、比較的に簡単に解消されます。 慢性便秘は、便秘を長引かせて、大腸の機能に異常を起こさせてしまった便秘です。慢性便秘には、弛緩性便秘や直腸性便秘他、痙攣性便秘の3つがあります。 弛緩性便秘は、腹筋力の低下などで、便を送り出す力が弱まった結果起こります。慢性便秘の多くがこれにあたります。ちなみに弛緩性便秘は、高齢者とか妊娠経験者に多くみられる便秘です。 便秘になったら、慢性便秘にしないためにも早めに原因を突き止めて改善しておくことが大切です。

このページのトップへ戻る

第1章第4節】便秘が引き起こす不眠症とは?

便秘は様々な原因から起こりますが、逆に便秘になった結果からも体に異常をきたします。便秘は、病気とまではいかなくても、気分が優れなくてイライラしたり、肌荒れがしたり、肩が凝ったり、お腹が張ったような感じで食欲不振になる人もいます。頭痛に悩まされる人もいます。 これらの症状は医学的には、直接便秘と関係があると証明されていませんが、ただ、便秘によって自律神経に障害が起きたり、血行が悪くなっておこる可能性は指摘されています。 口臭がつよくなったり、臭いおならで悩むとか、排便の時に力を入れすぎることから痔になって苦しむ人もいます。 この他にも、便秘が原因で不眠症になる人もいます。もし、あなたが不眠症で便秘が続いているとしたら、便秘が原因で不眠症になっている可能性も疑ってみてください。便秘を解消することで、不眠症も解決できるかもしれません。 便秘は毎日排便がないというはっきりとわかる症状だけではなく、体の見えないどこかで便秘の弊害が進んでいる可能性が大きいといわれています。 冷え性も便秘の原因になります。冷え性で血液の流れが悪くなると、体の臓器にも影響を及ぼしますし、低体温となって便秘ばかりでなく体調不良も招きます。家事や育児、仕事でストレスも便秘の原因になります。従って便秘の改善にはこれらの便秘の原因となっているものを解決しなければなりません。 便秘は上記のような影響のほか、癌などあらゆる病気の原因になるとも言われています。 便秘を軽く考えないで、体の何かの異常のサインと受け止めて、便秘の原因を突き止めて早めの改善が望まれます。

このページのトップへ戻る

第1章第5節】常習便秘とは?

便秘は、急性便秘と慢性便秘の2つに分けられています。慢性便秘のなかでも、何らかの病気が原因で慢性便秘になっているものもあれば、単に急性便秘をこじらせて長引かせている常習性便秘の二つのパターンがあります。 常習性便秘には、腸の緊張が弛緩し、蠕動運動の力が弱くなり便をスムーズに肛門へ送れない弛緩性便秘と、便意を我慢したり、便秘から痔になり、痔の辛さから便意を我慢した結果、さらに便が硬くなり、硬くなった便が肛門蓋をするような状態になってしまった直腸性便と、自律神経などの乱れから蠕動運動の働きを極度に強くした結果起こる痙攣性便秘の3つの種類があります。 常習性便秘の治療法には、腹筋を鍛えて強くする、トイレを我慢することは避ける、野菜を多くするなどの食生活の改善があります。 そして、食事内容も何より大切です。肉ばかりでなく野菜を多く摂ることを心がけ、よく噛んで食べることをお勧めします。よく噛んで食べることで、唾液を出し消化を助けて胃や腸の働きも良くして、便通を良くしてくれます。 腹筋を鍛えるのも、わざわざスポーツジムなどへ通わなくても、家で簡単な腹筋の運度やストレッチを行うことで腹筋は鍛えられます。1週間に1度時間をかけてやるよりも、家で毎日簡単な運動を続けた方が、はるかに効果が高いのです。 結腸性便秘と、直腸性便秘は、自分で治すことも可能ですが、どんな病気が潜んでいるかわかりません。一度は医師の診察を受けることをお勧めします。痙攣性便秘は、必ず医師の診察を受けることが必要で、自分の力だけで治すのは難しいようです。

このページのトップへ戻る

第2章】便秘が教えてくれる病気

第2章第1節】過敏性腸症候群について

便秘の多くは、食物繊維の不足や、運動不足他、排便を我慢することが多いことが原因となるなど、単純な原因から便秘にしてしまっていることが多いです。 しかし、なかには体の何らかの病気から便秘の症状が出ている場合もあります。例えば 過敏性腸症候群や卵巣腫瘍が原因で便秘になっている場合もあります。そのほかにも便秘の症状を起こさせる病気がたくさんあります。 もし、頑固な便秘が長く続いたとしても安易に浣腸などの頼るのは危険です。また、単純な便秘にしても浣腸や下剤に頼っているとそれが癖になり、それらを頼らないと便が出ない状態になる恐れもあります。 過敏性腸症候群にかかった時も頑固な便秘の症状が出ます。この病気にかかった時の特徴は、便秘や下痢が長い期間続いたり、また、便秘と下痢を交互に繰り返すというような症状がでます。 過敏性腸症候群は、お腹の調子が悪くて精密検査を受けても異常が発見されにくく、腹痛や腹部の不快感他、便秘や下痢が長く続いてしまいます。この病気で下痢の症状が出るのは男性に多く、便秘の症状が出るのは女性に多いという特徴があります。 先進国に多いと言われている過敏性腸症候群ですが、日本人がかかる割合も多く、消化器科の診察を受ける患者さんの1/3が過敏性腸症候群ということなので、かなりかかる頻度の高い病気と言えます。 過敏性腸症候群の原因は、消化器官の異常や、心理的な異常でおこると言われていますが、医学的には根本的な原因が証明されていません。 このように、何らかの病気が原因で便秘になっていることもありますから、便秘ぐらいと考えず長いこと便秘が続いたら受診することをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第2章第2節】本態性低血圧症について

便秘が教えてくれる病気の一つに本態性低血圧症があります。この病気の症状の出方としては、便秘の他、倦怠感を感じたり、めまいや動悸を関しる他、頭痛や息切れ、そして、肩こりやときには下痢を繰り返したりします。 本態性低血圧症は、低血圧の人がその原因がはっきりしない時にこの病名が付けられます。倦怠感などの自覚症状が出ても、疲れからきているのだろうとか他の原因に考えてしまうことも多く、検診や人間ドッグで発見されることが多いといいます。 また、肩こりや不眠や寝起きが悪いなどの症状が続き、そのために病院を受診して血圧を測ったときにこの病気が発見されるようです。 低血圧になる原因は、心臓から送り出す血液量が少なくなって血圧が下がることや、循環血液量や末梢血管、心臓が正常に機能しないなどから起こる他、摂取する水分の量によっても影響されるといいます。 上記は低血圧になる原因ですが、本態性低血圧症のはっきりした原因とるものは解明されていません。ただ、自律神経の調節がスムーズにいかないために、副交感神経に影響を与えたり、食後の高血糖のように血管の反応性が低下していて、そのたに正常な血圧を保てないことだけは考えられています。 低血圧の数値が出ても、自覚症状が出ない場合や、日常生活に支障が出ない場合は治療の必要はありません。ただ、イライラする他、愁訴が強い場合の治療法としては、精神療法や生活指導などが重要になることもあります。 それでも便秘が改善されない場合は薬物療法での治療になります。

このページのトップへ戻る

第2章第3節】卵巣腫瘍について

原因がわからずに頑固な便秘が続いたら、卵巣腫瘍を疑ってみることも必要です。 卵巣腫瘍になると、頑固な便秘が続く他、腹部がふくらんだり、下腹部が痛いとか、あるいは不正出血が見られたり、トイレに頻繁に行きたくなるなどの症状が出ます。 卵巣腫瘍とは、子宮の両側にひとつずつある卵巣に腫れができた状態を言います。多くは卵巣の片側に発生しますが、稀には卵巣の両方に発生することもあります。 卵巣腫瘍の種類は多く、良性の腫瘍や、悪性の腫瘍、あるいはその中間の境界悪性腫瘍もあります。 この他卵巣腫瘍の種類には、卵巣が大きくなった卵巣嚢腫や、表層上皮・間質腫瘍の漿液性嚢胞腺腫や 、腫瘍の内容が粘液性の粘液性嚢胞腺腫など、種類も多くまた、発生する原因も多岐にわたっています。 卵巣腫瘍は、特徴的な症状がわかりにくく、そのため、早期発見が難しいので大量の腹水がたまってから、婦人科を受診するケースが多いようです。わけもなく便秘が続いたり、下腹部の膨満感とか、ウエストのサイズが大きくなった時は見過ごさず、婦人科を受診するようにしてください。 便秘症が1年も続いた後に卵巣腫瘍が見つかった友人の場合は、便秘の他、食事をしている時に横腹に激痛が走るとか、食べたものが上に上がってくる感覚とか、生理の時の排便通が酷かったそうです。 始めはどこの科を受診したらいいのか迷ったそうですが、生理の時の排便が酷いので婦人病に関係があるのかと思って婦人科に行きました。手術になりましたが、今は卵巣の手術をしても妊娠には何ら心配がないようです。 このように頑固な便秘と体の異常が続いたら早めに病院に行かれることをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第2章第4節】脊髄の腫瘍について

便秘が教えてくれる病気には、婦人科の病気が比較的多いのですが、しかし、脊髄の腫瘍の時も頑固な便秘が続き、受診してこの病気が発見されるケースが多いようです。 脊髄の腫瘍の症状には、頑固な便秘や背中の痛み他、手足に走るような痛みや感覚他、麻痺することもあります。また、歩行障害がでて、階段がおりにくくなる他、つま先が引っかかる人もいます。 上記の他、腸の運動が鈍くなり便秘になったり、膀胱の働きが悪くなって排尿に時間がかかるなどの症状も現れます。 この病気の治療の方法は、手術で腫瘍を切除します。切除することでまわりの神経への圧迫を取り除きますが、特に脊髄のなかにできた腫瘍の手術は難しく、高度な手術の技術が要求されます。 脊髄と便秘の事で、笑うに笑えない話があります。それは、ある人が朝起きて背中に激痛が走りました。朝の激痛ほどではなかったのですが、痛みは1日中続き、夜布団に入っても痛みが続き、布団の中でうめき声を出していたそうです。 どうにも我慢が出来ないので、次の日会社を休んで病院へ行きました。病院では、血液と尿の検査、そしてエコーをとり、レントゲンの検査もしました。 どんな病名が告げられるかとビクビクしながら待っていて、そして告げられたのが便秘でした。^^: 医師がレントゲンの写真を見せながら説明してくれたのですが、レントゲンに白く映っていたのが便でした。極度に溜まった便が腸の外壁を圧迫して、その圧迫が背中の激しいしい痛みとなっていたのです。 翌日会社に行ってその話をしたら当然のごとく大笑いされたのでしたが、頑固な便秘を放っておくと、とんでもないことになるようです。

このページのトップへ戻る

第2章第5節】甲状腺機能低下症について

便秘を、たかが便秘と侮ると大変な結果になることもあります。食べる事と同じく、便秘も十分気を配る必要があるようです。快眠、快食、快便と、この3つは私たちの健康に欠かせません。 便秘が教えてくれる病気に、甲状腺機能低下症があります。この病気になって現れる症状には、頑固な便秘の他、汗をかかないとか、異常に寒がりになるとか、皮膚が乾燥したり、脱毛や顔のむくみや、かすれ声になるなどの症状が出ます。ただ、これらの症状が複数重なって出たとしても、すぐには甲状腺機能低下症とは結び付きにくく、様々な検査が行われて初めてわかることが多いです。 甲状腺機能低下症は、甲状腺のホルモンの分泌低下の影響で、甲状腺の機能がスムーズに働かなくなる病気です。男性に比べて圧倒的に女性に多く、男性の10倍もの率で女性がかかるようです。特に40歳を過ぎた女性に多く発症しています。 この病気にかかると、昼夜を問わず眠くなるとか、記憶力が悪くなったのを感じたり、計算が苦手になります。皮膚が乾燥して夏でも汗をかかなくなる他、脱毛が起こる人もいます。 甲状腺機能低下症の診断には、採血をして甲状腺ホルモンを調べます。治療法は簡単で、甲状腺ホルモンの投与が行われます。 便秘はほとんどの人が経験しますが個人差が大きく、なかには10代のころから頑固な便秘で苦しみ、30代になっても未だに便秘で苦しんでいるとい女性がいました。10日ほど便がでないのもざらだとか。 病院にも通っているのですが、一向に改善されないようです。そんな話を職場で話したら、出口に詰まったのを浣腸で出すのも必要と教えてもらい、どうしようもない時だけ浣腸をしているそうです。

このページのトップへ戻る

第2章第6節】頸椎症について

頑固な便秘が続いても、なかなか頸椎症からきているとは思わないものですが、頸椎症になったときも、便秘の症状が出ます。 頸椎症になって出る症状には、便秘の他、肩が凝ったり、腕の痛み他、脱力感や手指の感覚が異常になったり、つまずきやすくなる歩行障害などの症状が出ます。 頸椎症は病院へ行かなければ治らないと思っている人も多いようですが、自宅で治ると、雑誌「爽快」で紹介されていたことがあります。 病院へ行かなくても治ることは、私も以前聞いたことがあります。それは、腰が痛くてカイロプラクティックへ通っていた時のことですが、先生が同じようなことを言っていました。 カイロプラクティックの先生の言うのには、胸の上の部分をしなやかにすれば痛みは治ること、それには正しい姿勢を保つことと言われました。不自然な悪い姿勢は胸を圧迫して、負担をかけるのだそうです。 その先生の所に通っていた30代の主婦もそれを守っていたら気が付いたら辛い症状が消えていたと喜ばれたそうです。 頸椎の手術はリスクが大きいのですが、手術をしないですむのならこんなありがたいことはありません。しかも、頑固な便秘も治るのです。 カイロプラクティックの先生が、30代の主婦にも教えた方法というのは、普段使っていない筋肉を意識的に動かすことや、正しい姿勢を保つことです。普段使っていない筋肉を動かすといっても、忘れてやらなかったりします。 忘れずに出来る方法として、お勧めはラジオ体操です。Eテレでやっているラジオ体操では、昔からのラジオ体操の他、色々な部分体操で使わない筋肉を動かすように、日を変えて教えてくれます。正しい、効果的な体の動かし方を教えてくれます。 適度に体を動かすことはあらゆる健康に通じています。ラジオ体操は簡単で、道具もいらず、家でできますから、あなた生活習慣の一つにすることをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第2章第7節】低カリウム血症について

低カリウム血症とは、血液中のカリウムの値が乱れることから起こります。カリウムは細胞の中に98%、血液中に2%存在していますが、血液の中のカリウムが細胞の働きを調整しています。従ってこの値が乱れることで様々な障害が起こります。  低カリウム血症でおこる障害には、便秘をはじめ脱力感で常に疲れた感じがするとか、 筋力が低下したり、吐き気や嘔吐、多尿や多飲などの症状が起こります。 この病気が重症になると、四肢麻痺や、呼吸筋麻痺、不整脈、腸閉塞になるなど、怖い病気です。 低カリウム血症の治療は、経口カリウム製剤の投与とともに、3種類あるこの病気のうちのどれなのかの究明が行われます。重症になると、点滴による治療になりますが、血中カリウム値の急激な変化は危険がともなうため、時間をかけて慎重に投与されます。 低カリウム血症ということがわかったら、カリウムを含む食品を多く摂るとともに、受診して精密検査を受けることをお勧めします。 近年の医学で、カリウムをしっかり摂ることで、血圧の低下を防ぎ、脳卒中の予防や改善の効果があり、骨密度の増加に繋がり骨粗鬆症が予防できることがわかってきました。便秘の改善ばかりか、体のあらゆる部分に効果的に働くのがカリウムですから、カリウムを多く含む食品を多く摂ることをお勧めします。 カリウムは、多くの食品に含まれますが、バナナやメロン、アボカドなどの果物の他、ブロッコリーなどの野菜類、さつまいもや大豆や小豆、魚類や肉類に多く含まれています。

このページのトップへ戻る

第3章】便秘を改善する生活

第3章第1節】バランスの良い食習慣について

便秘を解消するには、まず自分の食生活の習慣を振り返ってみてください。野菜不足のバランスの悪い食事をしていませんか?朝食はきちんと食べていますか?ダイエットをするために極端に食事の量を減らしてはいませんか? 人間は食べたもので体が作られますが、食べたもののほか、食事の量が少なすぎても便秘になってしまいます。 辛い便秘から解消されるためにも、健康な体で快適な生活を送るためにも、食習慣を見直してみてください。 便秘を解消するには、食物繊維の多い食べものを積極に摂ることをお勧めします。肉類を主にした食事は、ほとんど水分が吸収されてしまうので便の量が減り、腸の蠕動運動が弱くなってしまいます。その結果、肛門までしっかり便を運んでくれません。日本人の食生活が欧米風の肉中心の生活になってから、日本人の便秘も増えています。 また、体を冷やすのも便秘の原因になってしまいます。従って、体を冷やす海藻類や生野菜などの摂り過ぎにも注意してください。野菜は生だけでなく、温野菜なども取り入れてください。 その他、心がけて摂りたい食品に食物繊維を多く含む食品があります。豆類や、豆で作られた豆腐や納豆などもお勧めです。そしてイモ類も植物繊維がたっぷりですから、ジャガイモやサツマイモ、長芋などがお勧めです。 そして、ホウレンソウやニンジンやカボチャなどの緑黄色野菜にも植物繊維が多く含まれていて、しかも、水分を含んでいますから便を柔らかくする効果もあり、スムーズに腸内を運んでくれます。 これらの食品は肌を綺麗にして美容にも良い食べ物ばかりです。綺麗&健康を手に入れて快適な毎日を送ることをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第3章第2節】規則正しい生活習慣について

頑固な便秘になった時、便秘を解消する良いサプリメントも出回っていますから、それらを利用するのもお勧めです。そしてそれと同時に、規則正しい生活習慣を心がけてください。便秘の原因になっている悪い生活習慣がないかチェックしてみることも必要です。 規則正しい生活を送り、生活のリズムを整えることは、体のリズムを整えることで、便秘の改善に大きな効果があります。それには、1日3食をきちんと摂り、食べる時間もできるだけ決めてください。そして、睡眠時間も決めて早寝早起きをお勧めします。 また、習慣づけたいのは、朝起きた時にコップ一杯の水を飲むことです。しかし、冷蔵庫で冷やした冷たい水は避けてください。理想は寝る前に用意した湯冷ましです。コップ一杯の水を飲むことで腸に刺激を与えて腸の働きを活発にし、便を送る蠕動運動も活発になります。 そして、早寝早起きの生活習慣は、出かける前にきちんとトイレタイムがとれますから、排便を我慢して出かけるという悲劇も避けられます。 また、これらの規則正しい生活習慣は、腸の働きを良くして便秘を防ぐばかりでなく、体の免疫バランスを高める効果があります。免疫力が高くなると病気にかかりにくくなりますし、インフルエンザなどにも感染しにくくなります。 例えば、インフルエンザの菌に触れても、インフルエンザになる人とならない人がいますが、免疫力の差が大きいといえます。 健康な体を目指して、規則正しい生活習慣のリズムをつけることをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第3章第3節】トイレを我慢しない習慣について

便秘の予防や改善には、「トイレを我慢しない」ということがあります。便意を感じているのに我慢をしてしまう習慣は、便秘の原因になってしまいます。 社会人になってからずっと便秘に悩まされ続けているという女性がいます。本当は、朝排便をする癖をつけるのが理想なのですが、その女性は会社で排便したくなったとき、トイレで排便をするのが恥ずかしくて我慢をしていました。しかし、それがもとで習慣性便秘になっています。 また、彼と同棲を始めた女性が、彼が部屋にいるときに排便をすることができずに、ついつい我慢をするようになり、その女性もやはり習慣性便秘になってしまいました。 このように排便したくても我慢をすることは習慣性便秘になりやすいのです。 朝の出勤前に排便がしたくても時間がなくて我慢をするようなことも避けてください。便秘になる可能性が大きいです。このようなことがないように、朝は時間の余裕を持って起きることをお勧めします。 そして、もし便秘になってしまった時、便が出なくても便座に座る習慣が大事だといいます。朝の排便の習慣はなんとしてもつけたいものです。 ちなみに、便秘の定義は今の医学でも基準が難しく、毎日出ていても便秘の人もいれば1週間ぐらい排便がなくても便秘と言えない人もいます。自分では気が付かなくても便秘という人も多いようです。 ある相談のサイトに、「お尻の臭いがして困る」という相談がありました。お風呂も毎日入って清潔にしているにも関わらずクサイというのです。それを読んだときに私も思い当たることがありました。 それは、私も洋服を脱いで湯船に入る前、しゃがんでお湯をかけている時に自分のお尻からのニオイがきになる時が時々ありました。そこで、ウエットティッシュをトイレに置いて、常に拭くようにしたらニオイが気になることがなくなりました。 後で知ったのですが、トイレットペーパーでしっかり拭いてもお尻のニオイがするのは便秘の一種だそうです。

このページのトップへ戻る

第3章第4節】十分な睡眠をとる習慣について

睡眠不足が便秘の原因になることもありますし、逆に、便秘になってから不眠症になる人もいます。規則正しい生活と充分な睡眠をとることは、便秘の予防や改善に繋がります。 環境が変わったために馴染めずストレスになり、やがて不眠症になり、そして便秘になったという人は多いです。学生のときは便秘とは無縁だったのに、社会人になってから便秘になる人が多いのも、その典型といえます。やはり環境の変化も便秘に大きく関係しています。 環境の変化は睡眠不足にもなりやすく、それがまたストレスの原因にもなり、自律神経の乱れを生じます。 十分な睡眠が取れるようになるためには、夜更かしをせず、早寝早起きの習慣をお勧めします。ぐっすり眠るためにも、寝る前にはお風呂に入って心身ともにリラックスさせて緊張をほどいてください。お風呂の温度はぬるめが理想です。気持ちの良い状態で眠りにつくと朝も爽やかに起きられることが多いです。 気持の良い眠りで熟睡することは健康で幸せな生活に不可欠です。人間は一生の1/3近くを眠るようにできていて、体にも脳にとっても大切です。睡眠の持つ役割は大きく、睡眠をおろそかにはできません。 睡眠は、肉体の疲れを取り、体力を回復させます。体内に溜まった疲労物質を取り除き、脳下垂体から成長ホルモンを生成し、健康を維持するという、非常に大きな働きをしています。 ぐっすり眠れた朝は一日中爽やかな気分でいられるのも睡眠の大きな効果です。睡眠の大切さをしっかり考えて、可能な限り熟睡出来る環境作りをしてください。

このページのトップへ戻る

第3章第5節】ストレスをためないことについて

便秘の原因には、ストレスも大きく関係してきます。強いストレスが、なぜ便秘の原因になるのか、便秘とストレスの関連性を考えてみたいと思います。 精神的ストレスが体にも大きく影響するのは現代の医学でもわかっています。ましてや精神的な悩みを大きく受けるのが、胃であり腸です。ストレスの影響を受けた腸は、蠕動運動の働きも弱くなり、便をスムーズに肛門に運んでくれなくなります。 腸の蠕動運動をおこさせるのは、自律神経と副交感神経ですが、それがストレスのために、自律神経を狂わせ、副交感神経の働きを悪くさせ、蠕動運動が弱くなった結果便秘となってしまいます。 また、上記とは反対に、蠕動運動が活発になり過ぎても弊害が起こります。それは、活発になり過ぎた蠕動運動で、腸で吸収するべき水分を吸収する暇もなく、急激に直腸まで押し出して下痢になってしまいます。 このように、便秘と下痢の症状は正反対でも、蠕動運動の異常という同じ原因から起きています。便秘と下痢を交互に繰り返す人がいるのも原因が同じだからです。 女性の体の方が構造的に男性より便秘にかかる割合が多いのですが、ストレス性の便秘に関しては、男性の方がはるかに多いです。 男性は女性と比較して、社会的なプレッシャーも大きく、仕事でのストレスは大きなものがあります。さらに家族を養っていけなければならないという責任もあります。男性より女性の平均寿命が男性より長いのも、そのためだとも言われています。 そして、女性の方がしなやかさ、悪く言えばしたたかさがあり、精神的に強いです。例えば、高齢の夫婦が亡くなった時、精神的に弱い男性は、すぐ後を追うように亡くなることが多く、女性はわが世の春を取り戻したかの如く元気になる人もいます。 個人差があるとはいえ、断然女性の方が精神的に強いです!^^;

このページのトップへ戻る

第3章第6節】適度な運動の習慣について

便秘の予防にも改善にも適度な運動が欠かせません。適度な運動は生活習慣病他あるゆる病気に関係してくるため、保健所ほか、自治体他でも一生懸命に奨励しているのですが、現実はなかなか実行されていません。 現代人は食生活の欧米化でも便秘になりやすくなっているうえ、昔から比べたらはるかに体を動かすことが少なくなっています。昔なら歩いたところも、今は車で移動して歩くことも少なくなっています。 家事にしても電化が進み、電化製品があらゆる家事をやってくれて、お掃除ロボまで登場しています。あまり体を使わずにすむ生活になっていて、井戸から桶で水を汲んで風呂桶に一杯にしていたことなど、今の時代からは想像もできません。 このように体を動かすことが極端に少なくなり、したがって腸の筋肉も鍛えられないので蠕動運動の働きも弱くなり、その結果便秘になるというのが多くの現代人の便秘の傾向です。 社会人になった途端、それまで便秘などほとんどなかった人まで便秘になるケースが多いです。これも、環境の変化と仕事のストレスと、さらに学生時代と違ってスポーツで体を動かさなくなった結果と言えます。 クルマにメンテナンスが必要なように、身体もメンテナンスをしないと錆びついて、スムーズに機能しなくなります。 適度な運動は、自律神経の働きを良くする効果があり、そのことで腸の働きを良くし排便に欠かすことのできない蠕動運動も正常に機能します。 毎日の生活に運動を取り入れると言っても、時間的に無理な人もいます。しかし少なくとも、排便の際に必要な腹筋のちからを意識的に鍛えることをお勧めします。歩くときに歩幅を広くしてあるくとか、腹筋のストレッチも行って下さい。ストレッチなら場所も取らず簡単にできます。意識することで便秘になるリスクが減らせるのでお試しください。

このページのトップへ戻る

第4章】便秘になった時の対処法

第4章第1節】正しい食事で改善する

便秘になった時の対処法としては、何らかの病気が原因で便秘になっている場合は、その病気を治さなければなりません。便秘を合併させる病気は多く、過敏性腸症候群、腸閉塞、巨大結腸症、卵巣腫瘍などなど、数え上げたらきりがないほどたくさんあります。 しかし、病気が原因でない習慣性便秘は、食事他生活改善、腹筋を鍛えるなどで便秘を改善することができます。なかでも食事の改善は一番重要です。 便秘を改善するための食生活の改善には、次にあげるようなことを心がけてください。無理なダイエットは禁物です。食事量があまりに少ないと、蠕動運動が弱くて便を肛門へ送り出してくれません。そして、長く腸の中にとどまってしまうと水分が吸収されて、さらに便が硬くなり酷い便秘になるリスクが高いです。 食物繊維は便通を良くする大きな効果があります。植物繊維を多く含んだ、野菜やイモ類、大豆製品を積極的に摂ることをお勧めします。 また、規則正しい食事の習慣が大切です。朝、忙しくて食事を抜くようなことは避けてください。朝起きた時の1杯の水は腸の働きを良くして、排便を促す効果がありますからお勧めです。 ビタミン不足にならないように心がけることも大切です。ビタミンB群には腸の蠕動運動の働きを良くする効果があります。ビタミンBを多く含む食品には、豚肉・うなぎ・たらこ・ナッツ類 などがあります。 炭酸飲料を飲むと便秘が治るという人がいます。炭酸飲料が腸に冷たい刺激を与えるので、蠕動運動が活発になるので効果がありますが、飲みすぎると糖分過多になったり、肥満になりやすいので気を付けてください。お勧めはやはり湯冷ましですね。^^;

このページのトップへ戻る

第4章第2節】腹筋を鍛えて改善する

腹筋を鍛えると便秘が治るというのは本当です。便秘の予防や改善には適度な運動が勧められていますが、運動不足は腸の筋肉を弱くし、活発に働いてくれません。従って蠕動運動も弱くなり、その結果便秘になってしまいます。 運動不足や体力の低下で起こった便秘を弛緩性便秘と呼んでいます。 適度な運動は便秘の予防や改善に大きな効果を発揮してくれるのですが、特に腹筋を鍛えると、より一層排便を良くする効果があるのでお勧めです。腹筋運動の効果は、腸の弛緩を防ぎ腹部の血行を良くし、腸の働きを正常にする効果があります。 胃腸の機能が高まることで、スムーズに便を肛門まで送り出してくれます。腹筋運動は自律神経のバランスを整える働きもしますから、気持ちの良い排便を可能にしてくれます。 腹筋の力は運動不足でも弱くなりますし、老化によってもその働きは弱くなります。腹筋弱くしないように、できるだけ鍛えることを心がけてください。 それには、ウォーキングや腹筋を鍛える体操やストレッチが効果的です。しかし、ながら運動は効果が半減すると言われています。ながら運動とは、例えばお友達とおしゃべりしながら楽しく行うウォーキングなどがそうです。できれば一人で懸命に歩いてください。 歩くときは歩幅を広くして、かかとから着地するつもりでかかとを先におろし、そして、足の指先に最大限力を入れて、蹴上げるつもりで前へ進む感じで歩いてください。こうすることでより下腹に力が入り、腹筋が鍛えられます。 ちなみに、腕は前後に大きく振ることで肩こりも解消されます。呼吸は有酸素運動の呼吸法で行うとより運動効果が高まります。 腹筋を強くする効果的なストレッチもユーチューブで各種紹介されています。参考にして、より効果の高いストレッチをすることをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第4章第3節】便秘薬の力を借りて改善する

頑固な便秘になってどうにもならない時、病気から来たものは病院を行って治療を受ける必要がありますが、習慣性の便秘が治らない時の最終手段として、便秘薬の力を借りることも必要です。 ただし、便秘薬はあくまでも一時的に便秘を解消する為のもので根本原因を治すものではありません。強制的に便を出すために副作用に注意する必要があります。怖いのは、便秘薬に頼らないと排便ができなくなってしまうことです。くれぐれもその点に注意をして、正しく使用してください。 市販の主な便秘薬には、膨潤性下剤、塩類下剤、刺激性下剤、浸潤性下剤、腸管運動調整剤などがありますが、素人判断は危険です。市販の便秘薬にはそれぞれ作用の違いや強さがあります。自分の状態にあったものを選ぶために、必ず薬剤師に相談することをお勧めします。 便秘薬に頼るだけでなく、あくまでも補助的なものとして考え、食生活の習慣他様々な面から便秘の原因を探り、改善すべきところは改善してください。 そしてあまりにも長引いたり、便秘以外の症状が出た時は医師の診察を受けてください。 便秘だからと軽く考えて適切に対処せずに後で後悔することの無いようにしてください。 便秘薬を使用していて、貧血になる、熱があるとか、激しい腹痛や吐き気、そして便に血液が混ざっているなどの症状が出た時は、すぐに病院へ行き医師の診察を受けることが大切です。 便秘薬に頼る前に、ビタミン剤などのサプリメントで自分の体に不足しているものを補うのも一つの方法です。

このページのトップへ戻る

第4章第4節】マッサージやツボなど運動で改善する

便秘になってもできれば薬に頼りたくないものです。そのため、マッサージやツボを行って便秘の改善を図る人もいます。妊婦さんの場合は、薬の頼るよりマッサージや足のツボの方が良いような気がしますが、妊婦さんの場合はNGです。 その理由は、初期の妊婦さんの便秘は、子宮を刺激から守るため、体自身が意図的に腸の働きを弱めているそうです。従って、腸を無理に動かすことは流産になる怖さがありますから、病院で受診して医師に薬を処方してもらいます。 便秘解消のマッサージで最も多く行われている方法は、おへその周りを時計の針の進む方向に、円を描くような感じでお腹をさすります。お腹を外側から刺激することで、腸の働きを活発にしますから、排便を促すのに効果があります。 しかし、すぐには効果が期待できません。朝起きたら腸のマッサージを習慣にしてみてください。続けていくことで徐々に効果が現れてきます。 また、適度な適度の有酸素運動も効果があります。ヨガなどでも取り入れられている有酸素運動の方法で、酸素を十分とり入れながら、30分程度のウォーキングやストレッチ行います。それを行うことで腸の働きを活発にします。 ヨガにも便秘に効果のある前屈のポーズというのがあります。このポーズは胃腸を刺激して、その働きをスムーズにしてくれます。 方法は、腰を下ろして両足を前に伸ばします。足の指の先は上に突き上げる感じで、かかとを力いっぱい前に押します。その両足の上に前かがみに体を乗せるようにしますが、お腹、胸、おでこ、と、順番に両足の上につけていきます。 この時背中が丸まらないようにし、息を大きく吐きながら体を両足の上に付けます。横から見れば体が“くの字”になった状態です。その状態で両手両足を思い切り前に伸ばします。その後は、逆の順番のおでこ、胸、お腹と起こして元の状態に戻します。これを3回ほど繰り返してください。 便秘に効くお腹のツボは、天枢(てんすう)と言って、おへその上から指の幅3本分ぐらい外側に左右両方にあります。ここをお腹がへこむ程度に押します。 この他に便秘に効果のあるツボは手の指や足にあるツボなど無数にあります。

このページのトップへ戻る

第5章】おススメの便秘薬

第5章第1節】大正製薬コーラックについて

便秘で悩んでいる方にお勧めの便秘薬・正製薬コーラックがあります。 日本人は欧米人に比べて、はるかに便秘になる人が少ないのですが、ところが、日本人以上に便秘が少ないのがアフリカの人たちなのです。 その理由は、アフリカは主食がイモ類なので食物繊維を摂る量が多く、欧米人の5倍もの便を出すと言われています。いかに植物繊維が排便に効果があるかがわかります。 この効果に目つけて大正製薬が研究し開発したのが、大正製薬コーラックなのです。便秘だからといって浣腸に頼ったり、下剤を飲んではそれがくせになり、それなしには排便ができなくなる恐れもあります。 そして、浣腸や下剤はあくまでも対処療法であり、便秘を治すのではないということですが、大正製薬のコーラックは便秘になっている根本の改善を行います。 大正製薬に寄せられるご質問のなかに、「長期間服用しても大丈夫ですか?」というのがありますが、自然の植物繊維から作られているコーラックは副作用がなく安心して飲んでいただけます。コーラックは規則正しい排便の習慣をつけるためのものですから、少量から使用して、ご自分の排便の状態を見ながら徐々に増やすか、あるいは減らしてください。 コーラックの副作用はありませんが、同じものを飲み続けると効き方が弱くなるということはあります。従って長期間の服用は避けた方が良く違う成分のものを使用するのもお勧めです。コーラックには、様々なタイプのものがありますから、その時の状態にあったものをお選びいただけます。 コーラックの種類には、初めての方のためのコーラックファーストや、ご自分の便秘に合わせて量を加減するコーラックⅡ、慢性の頑固な便秘にもたしかな効果のあるコーラックなど他様々なタイプのコーラックの商品が用意されています。 大正製薬のコーラックのサイトには、コーラック診断テストがあります。その診断テストであなたにぴったりのコーラックが選べます。また、フリーダイヤルでお客様のご相談にも対応していますので、是非大正製薬のコーラックのサイトをご覧になって下さい。

このページのトップへ戻る

第5章第2節】サントリー乳酸菌革命について

頑固な便秘で悩んでいる方にお勧めしたいのが、サントリー乳酸菌革命です。サントリー乳酸菌革命は、安心と信頼のサントリーウエルネスOlineがお届けしています。 乳酸菌を使った便秘のサプリメントは、薬品メーカー各社から商品が販売されていますが、その中でも一番効果があると評判なのが、サントリー自慢の乳酸菌革命です。 サントリー乳酸菌革命は、ラクトパチルス・アシフィルス他、今話題の乳酸菌を配合してパワーアップしたサントリー乳酸菌革命三代目を販売しています。 三代目には、今、最も話題になっている乳酸菌の他、オリゴ糖、デキストリン、酵母エキスの3つの新成分を配合した、まさに豪華キャストが勢ぞろいといった感じの乳酸菌サプリメントです。 乳酸菌革命をお勧めしたい方は、腸を鍛えるのに運動をしなければいけないのに時間がなくてできない方や、乳酸菌が良いと聞いて他の乳酸菌の製品を試してみたけれど効果がなかった方他、野菜を毎日たくさん摂ることができないとか、食生活が乱れがちな方などに飲んでいただきたいサプリメントです。 1日2粒飲んでいただく乳酸菌革命は、手軽に飲めて翌朝はスッキリ快調という嬉しいサプリメントです。快調な排便ができればその日一日ずっと調子が良いはず。サントリー乳酸菌革命は、そんな快調な毎日のお手伝いをするサプリメントです。 乳酸菌革命の商品は、今だけ断然お得な期間限定のサービスを行っています。それは、通常2,880円の定期コースを、最大20%OFFの2,730円というお得なお値段で提供しています。 このお得な機会に是非、サントリー乳酸菌革命を試してみてはいかがでしょうか。

このページのトップへ戻る

第5章第3節】カイテキオリゴについて

便秘は多くの人が経験しているといっても、軽い人からなかには死ぬほど苦しんでいる人もいます。排便が順調にできないでいると、お腹が気持ち悪くなるとか、肌トラブルが起きたりと、とても快適な生活など望めません。 そんな頑固な便秘に苦しんでいる方にお勧めなのが、カイテキオリゴ(旧名:北の大地天然オリゴ糖)です。現在は「北の大地天然オリゴ糖」から「カイテキオリゴ」と、その名を変えて販売されていますが、まさしく快適な生活のお役にたてるサプリメントです。 自然にスッキリと便が出る嬉しさ、そんな快適な朝が迎えられるカイテキオリゴをあなたも是非試してみませんか? カイテキオリゴは、毎朝快調な排便を望んでいる方や、スッキリした朝を迎えたい方にお勧めです。小さなお子様でも飲んでいただけるカイテキオリゴは、ご家族全員で飲んでいただいているお宅も多いです。カイテキオリゴは、高品質、高純度ほぼ100%で作られているだけに、お子様にもお年寄りの方にも安心して飲んでいただけます。 高齢になるととかく便秘がちになるものです。便秘で苦しんでいるお年寄りの方がいたら、カイテキオリゴを教えてあげてください。 今日本で一番売れているカイテキオリゴは、ネットと口コミだけで評判になり、その数は10万人以上に広まり、その効果の確かさに、リピーターの方がどんどん増えています。 また、2012年度のモンドセレクションで最高金賞に輝いたカイテキオリゴは今、お得なサービス価格でご提供しています。年間コース、3ケ月毎お届けコース、毎月お届けコースとがあり、あなたの都合の良いコースを選んでいただけます。重苦しい毎朝を、カイテキオリゴでスッキリとした朝に変えてみませんか?

このページのトップへ戻る

第5章第4節】ラブレ創建・ラブスルーについて

いきいきラブレネットがお届けする、便秘に大きな効果を発揮してくれるのがラブレ創建・ラブスルーです。ラブレスルーの乳酸菌は京都で昔から伝わるお漬物・すぐき漬けから見つかった植物性乳酸菌です。 植物性乳酸菌は、動物性乳酸菌と違って腸の中まで届き、そして、しっかり乳酸菌の働きをして腸を整えてくれます。乳酸菌で腸内環境が整えられた結果、腸の蠕動運動もスムーズに動くようになりますから、腸内の便がスムーズに送り届けられ、気持ちの良い排便が可能になります。 蠕動運動がスムーズに行われないと、いつまでも便が腸内にとどまってしまいます。その間にどんどん水分が失われて硬くなり、さらに便を出にくくします。 私たち人間の腸に住む細菌はなんと、100兆個にものぼるといいます。しかし、100兆個の細菌がすべて悪いというのではありません。悪玉菌と善玉菌があり、健康な腸はそのバランスを保っています。 腸内の悪玉菌と善玉菌がバランスを崩すと、便秘他体調に影響を及しますが、そのバランスを保ってくれるのが植物性乳酸菌です。善玉菌は加齢とともに減少してしまい、そして、腸内最近のバランスを崩します。 従って減少した性乳酸菌を補う必要があるのですが、本来味噌や醤油や漬けものには豊富な乳酸菌が含まれていたのですが、日本人の食生活も変化して、それらの食品を取ることも少なくなっています。 ラブレスルーは、そんな便秘を解消するためにナノ型ラブレ菌を配合した便秘に高い効果を発揮してくれるサプリメントです。今、ナノ型ラブレ菌は国際特許出願中です。 便秘を解消し、健やかな腸と健康な体を取り戻せるラブレ創建・ラブスルーで、スッキリとしたあなたの毎日の為にお役立てください。 乳酸菌・サプリメントラブレ創建・ラブスルーは、信頼と安心のメーカー久光製薬が自信を持ってお届けしています。

このページのトップへ戻る

第5章第5節】ビオフェルミン便秘薬について

辛い便秘!でも、便秘薬は出来るだけ使いたくないですよね。どうしても困ったらビオフェルミン便秘薬をお試しください。ビオフェルミン便秘薬は、カイテキオリゴで副作用なしで頑固な便秘を解消する優れた便秘薬です。 ビオフェルミン便秘薬は、漢方薬他下剤で無理に排便させるのではありません。腸を整えて自然に無理なく排便ができるようにするお薬です。 便秘になる原因には、腸内環境の悪化が大きく影響しています。もちろん運動不足や寝不足や不規則な生活習慣からも起こりますが、一番影響しているのが食事です。 体内の善玉菌が減って腸内細菌のバランスが崩れると便秘になるリスクが高くなります。色々な影響で腸内バランスが崩れるのですが、腸内細菌のバランスを整えてくれるのが、酵素や乳酸菌他ビフィズス菌他ラクトミンと呼ばれる乳酸菌です。 ビオフェルミン便秘薬には、腸内細菌のバランスを整えるビフィズス菌と、レクトミン、そして、大腸で腸内細菌の働きを促す、ピコスルファートナトリウム水和物が配合して作られています。 そのため、腸内環境が良くなると便秘が解消し、便秘に伴う出る肌荒れや、吹き出物、頭痛やのぼせ、食欲不振も解消するという嬉しいお薬です。この便秘薬は体に優しく11歳以上のお子さんから服用することができます。 服用の際にはお薬の箱に入っている使用上の注意をきちんと守って正しく飲んでください。 便秘がつらい時、頑固な便秘にしてしまう前にぜひ、ビオフェルミン便秘薬をお試しください。きっとその効果に驚かれると思います。

このページのトップへ戻る

第5章第6節】森永・すっきり乳酸菌ファイバーについて

便秘は人によっては長年に渡って苦しんでいます。なかにはそれが慣れっこになってしまっている人もいます。でも、もう、便秘を我慢するのは止めましょう。 気持ちの良い排便で、毎日スッキリとした生活を送ることを可能にする、森永・すっきり乳酸菌ファイバーで、あなたの便秘の悩みから救ってくれます。腸内環境を整えるのに必須の乳酸菌、その乳酸菌を主成分とした森永・すっきり乳酸菌ファイバーは、さっと溶けやすく美味しく飲めるように工夫されていますから、飲み物の邪魔をしません。お好きな飲み物の中に入れて楽しみながら飲むことができます。 1回分ずつオシャレなスティックタイプになっていますから、お出かけ先でも気軽に飲むことができます。 森永・すっきり乳酸菌ファイバーは、毎朝スッキリとした排便がしたい方や、排便した後もまだ便が残っているような感じの方、そして、ポッコリお腹が気になっている方もお試しください。 すっきり乳酸菌ファイバーは、生きて腸まで届く有胞子性乳酸菌を2億個と、レタスおよそ5個分にあたる水溶性植物繊維2,8g、現代人の健康維持をサポートするラクトフェリンを20mg、そして、アミノ酸シトルリン100㎎のこだわりの成分を配合しています。 すっきり乳酸菌ファイバーは、ご使用いただいた方の多くにリピーターとして続けてご愛用いただいている価値ある便秘薬です。 頑固な便秘になる前に、また、すでに頑固な便秘になってしまった方も、この森永・すっきり乳酸菌ファイバーで便秘の悩みを解消することをお勧めします。

このページのトップへ戻る

第5章第7節】人気のスッキリサプリ・快調酵素について

便秘でお悩みの方の間で今評判の便秘薬・快調酵素があります。 快調酵素は、朝、スッキリした排便ができないで悩んでいる方、肌トラブルでお化粧が綺麗にできない方、以前よりふっくらしてきたのが気になっている方、毎日疲労感が抜け切れないで悩んでいる方にお試しいただきたい便秘薬です。 私たち人間の体には酵素は絶対に必要な成分です。酵素は消化の働きを助けて、体内活動をスムーズにさせる重要な働きをする成分です。しかし、その大事な成分も年と共に減っていきます。そのため、食べ物で補う必要があります。 ところが、偏った食事などで、食べ物から酵素が十分取れずに酵素不足になった結果、腸内環境も乱れて便秘他肌トラブルにも悩まされます。その酵素を補いスッキリ爽やかな排便を促し、健康を維持してくれるサプリメントが、快調酵素なのです。 快調酵素の人気の秘密は、すっきりと、元気、キレイの3つを同時にかなえてくれる嬉しいサプリメントです。生命を維持するために必要な代謝酵素の働きと、食物繊維のスッキリ成分で、内側からスッキリキレイにし、ハリのあるお肌を取り戻してくれます。 また、ダイエットをしたいけれど、食事を我慢できないでダイエットができない方の補助食品としてもご活用ください。 この嬉しいサプリメント、快調酵素の6日間スッキリ体験という期間限定のサービスが行われています。初回だけに限り送料無料の380円で提供していますので、このお得な機会を利用して快調酵素の効果を実感してください。

このページのトップへ戻る

第5章第8節】便秘改善・おなか端麗について

今はたくさんの便秘薬が販売されていて、どの便秘薬を選んだらいいのかわからないほどです。もし、あなたが便秘に悩んでいたらお勧めしたい便秘薬に便秘改善・おなか端麗があります。この便秘薬は、ダイエットを目指している方にもご利用いただいていて効果をあげている便秘薬です。 便秘が治ると痩せるって聞いたことありませんか?便秘が治ると痩せるというのは本当です。お腹綺麗は便秘改善サプリメントで、厚生労働省からも認可されているサプリメントです。 ご存知のように、便秘は腸内環境のトラブルで、腸がスムーズに働いていないことから起こります。腸が正常に機能していないと、栄養素も腸で吸収されないため、蓄積されて皮下脂肪や内臓脂肪となり、その結果肥満へと通じてしまいます。その状態の時は基礎代謝も低くなりますから、どんどん太ってしまいます。 おなか綺麗は、腸内環境を正常にして便秘や肥満からあなたを守ってくれる嬉しいサプリメントです。 お腹にも体にも優しい便秘改善・おなか端麗は、傷みのない気持ちの良い排便を可能にしてくれます。頑固な便秘なかたほどこの効果を実感していただけます。そして、頑固な便秘な人ほどやせ方が早いです。 飲む腸内洗浄剤とまで言われるほど驚く効果のある便秘改善・おなか端麗は、天然色繊維90%の安心安全の、便秘改善とダイエットに効果のあるあるお薬です。 このお薬は、5日以上排便をしなくても平気になっている方や、便秘薬を飲んだ時に異常な痛みを感じたり、浣腸をしなければならないほど頑固な便秘に悩んでいる方などにお勧めしたいお薬です。 便秘改善・おなか端麗は、心と、美と、体の健康を科学する株式会社セプトがお届けする優れた便秘薬です。

このページのトップへ戻る


便秘対策に即効性のあるキャンデト茶の詳細についてはこちらへ!

当サイトのイチオシがコチラのページです!
便秘用のお茶についてお答えします。 便秘に即効性のあるものについてお答えします。 便秘の薬についてお答えします。 便秘に効くものについてお答えします。 妊婦の便秘についてお答えします。 「便秘の解消法についてお答えします。 子供の便秘についてお答えします。 便秘用の食べ物についてお答えします。 犬の便秘についてお答えします。 猫の便秘についてお答えします。 便秘24.jpの運営者情報 トップへ
最終更新日

に更新しました。